クレジットカード利用時の注意

一般的に、クレジットカードは、お金を持っていなくてもサービス・商品をすぐに入手できたり、気軽にお金を借りることができたりするなど、いろいろなメリットがあります。
しかしながら、便利であるためつい使いすぎる場合もあります。
ここでは、クレジットカード利用時の注意点について見ていきましょう。

まず、カードが届いた場合には、裏面にすぐにサインをしましょう。
サインをする際には、字体は普段書きなれているもので書くようにしましょう。
このサインは、本人であることを利用する場合に証明するものになります。
具体的にサインする方法としては、日本語の方がアルファベットよりもおすすめです。
というのは、サインが漢字で書かれているものを真似することは、欧米人にとっては非常に難しいためです。

クレジットカードの場合には、4桁の数字の暗証番号があります。
この暗証番号は、他の人が不正に使用するのを防止するため、登録を事前に行っておく番号であるため、他の人に絶対に分からないようにしましょう。
現在、クレジットカードについての犯罪で一番多いものは、拾ったり盗んだりしたカードを使用してキャッシングするケースです。
普通、暗証番号がキャッシングするためには必要になりますが、暗証番号を犯罪者は以前から把握していたり、推測を生年月日などから行ったりすることがほとんどです。

そのため、すぐに生年月日が分かる免許証などとカードは一緒に保管しないで、また電話番号や生年月日など、他の人に推測されやすい暗証番号は止めましょう。
本サイトでは、無理のない範囲で利用、盗難・紛失にあった、保管する場合の注意、についてご紹介します。